「おしゃんこ 2nd Exhibition」

 

わたしたちは


みんながめをあけたら


いちばんはじめに


なんてこえをかけようか


かんがえていました






5月におしゃんこで展示をします。
その展示タイトルがこれ。

この 詩 ともとれるタイトルを
かみしめて、かみしめて、読むのがすきだ。




「おしゃんこ」は、いきものをこよなく愛する

イラストレーター「宇佐美朋子

動物をつくるひと「きゃねこ

クリエイティブユニット「Tokyo playgirls

で制作や展示、ワークショップなどの活動をしている4人組です。



2011年に結成して
はじめての個展「どうぶつえんのきっさてん」以来
本格的な展示は2年ぶり2度目。

どんな展示になるのかじぶんたちがドキドキわくわく、ちょっとハラハラ。

ゴールデンウィークまっただ中ですが
みなさんぜひあそびにきてください。
ゴールデンウィークはもうおでかけの予定があるよ〜、
というひとにもきていただけるよう少し長めの展示です。


どうぞどうぞ、よろしくお願いします!


おしゃんこ一同



(2011年の初個展「どうぶつえんのきっさてん」より)





おしゃんこ 2nd Exhibition

わたしたちは みんながめをあけたら いちばんはじめに
なんてこえをかけようか かんがえていました

2013年5月4日 (土) 〜5月15日 (水) 
平日14:00〜20:00/土日祝 12:00〜20:00/木曜休  

〒155-0033 東京都世田谷区代田5-28-3-1F tel 03-3412-2533 




「ホロホロキャンドル」

 
キャンドルを習いに行ってきました!

以前からのお知り合いであるひぃちゃん先生のキャンドルづくりは
趣味って言ってるけど、自宅でなんでもできるし、もはやプロ!

ひぃちゃん先生の作品


す、すてきー!
外側にドライフラワーがつまってる!
めちゃくちゃかわいい! しゃれてるよー!



こんなしゃれてる先生のもとでわたしがつくりたいと申し出たものは……


最近はまってるフサホロホロチョウ。
却下されるかと思ってたけど、オッケーでた!笑



まず、キャンドルの元になるパラフィンをとかしていきます。
箱買いしてるとこがもう趣味の域こえてるね。



溶けたらクッキングシートに流し込みます。
これはもうお菓子づくりだー!


これが固まるか固まらないかのときに、さっとかたちづくるのだけど、

「時間との勝負だからね!」

ってひぃちゃん先生はしきりに言います。

コネコネするのはつまりはロウなので、だいぶアツい!笑


一応鳥っぽくできた!



次は黒い羽根の部分。
これはカットしてからペタっとはりつける。


ペタリ。



次は首のへんの青い部分を直接ロウにつけて色をつける。
(落としそうで怖いよー)
くり返すと濃くなるから、グラデーションみたいにもできるんだそう。



ホロホロっぽくなってきた!


そして首のフサフサしたところは
薄く固めたロウを切ってはり付けていく。
ここもだいぶ時間との勝負ね!



あ、さっきのグラデーションかくれちゃったよ! しまった!


火をつけるヒモをとりつけて、羽根のごましおを描いて……



目入れをしたら、完成!


けっこうホロホロっぽくできたよー!
これに火をつけるの想像しただけで泣きそう!


ひぃちゃん先生ありがとうございました!
次回は念願の虫つくりたいな!!!


虫……
虫といえば、今日は 鈴木海花 さん 主催の第2回「虫カフェ」です。
原宿のシーモアグラスさんで珈琲をのみながら虫のおはなししましょうの会。

行ってきます!



「MORE STYLE MARKET に おしゃんこ出陣!」


完全に花粉の妖精にとりつかれました!
エンドレスはくしょん!


日記でのおしらせがおそくなってしまいましたが……

3月30日(土)・31(日)の2日間、 
はい、明日、明後日です!笑

さいたまスーパーアリーナ・TOIROで開催される
MORE STYLE MARKET」におしゃんこ参加します。


音楽あり、雑貨あり、アートあり、フードありの
もりだくさんのイベントのようで、そりゃあ楽しみです。

山梨県で活動する音楽レーベル「NeguseGroup」さんの
コスさんが売りたい物を売る何でも屋、「コス屋」さん。 
その「コス屋」さんのなかでおしゃんこの商品を置かせてもらうことになりました!
店長、ありがとうございます!

この顔にピンときたら!
そう、これがコス屋のめじるし!


3/30(土)にはNeguse GroupからTHE POTONE!
3/31(日)には Primula のライブもあります。
個人的にPrimulaさんがツボです。

たのしみだーーーい!


さて、おしゃんこの商品をちょっとだけここでお披露目。


どどーーーーん!
きゃねこ の「メタボ文鳥マラカス」
ころんころんのシャケシャケなマラカスなんだぜ!



夏を先取り!プレガ のTシャツ!
その名も「moja」
ポップな妖怪みたいな moja、わたしもねらってる。
色違いもあるよー。



モフモフ……モフモフ……
プレガさわちゃん の「動物の顔の立体ブローチ」
クロクマ、シロクマ、どちらもモフさ120%だぜ!



ほえ〜。
こちらは プレガなっちゃん の「ヘイワさん」
アンニュイな表情〜。笑
なっちゃんのゆるゆるにんぎょうはほかにもつれてくよ!



こちらはわたしの金太郎飴陶器の「ロバ」。
以前つくった生地だけど新たに成形してお皿やブローチにしたよ!
裏も表もロバロバアーンドロバ!


お披露目したもののほかにもいろいろあります。


おしゃんこ作品も見にきてほしいけど、
Neguse Groupさんのあんなライブやこんなライブ!
ほかの出店者さんも、とってもおもしろそうです。
ぜひぜひ、あそびにいらしてくださいませ!





「繭玉とゾウ丸」

 

ぎゃーーーーーーー


卑怯だ! こんな売り方卑怯だ!

かわいいよーかわいいよー!

繭玉です。
「1粒25円」て書いてあった。

ここは ぐんま絹の里 。

ちょっと実家に帰る予定があって
以前母さまがここで買って送ってくれた繭の化粧水が気に入ったので
また買おうと思って、寄ってみた。

昔ながらの糸とりの機械やら歴史のある文献など
(このへんは撮影禁止)
いろんなものが展示されてた。


こんなおかいこさんを育てるゲームまで!笑
オレンジの馬はぐんまのゆるキャラ「ぐんまちゃん」です。

これ、アプリあったらほしいな。ふふ。


繭玉でつくったおかいこさん。


偶然しおりづくりワークショップをやってたので飛び入り参加。


段ボールでできたシンプルな箱とワタ。

このワタ、この部分。


繭をつくるときにおかいこさんが足場として壁などにひっかけでつむぐところ。
いわば繭玉のハンモック的な役割の部分かな。
毛羽っていうそう。毛羽立つの毛羽なんだね。


まずこうやって段ボールの型に毛羽を敷きつめる。

その上に繭玉を切り取ったモチーフをかざりつけるのだけど
用意されてるモチーフが……


ファ、ファンシー……。
自分では絶対に取り入れないであろうハートばっかり。笑

どうしよう、このかざりいらない。
と思ってたのだけど
おじいちゃんスタッフさんが
「ひとり3つまでですからね〜」
と、貴重な代物だからかわいいのはわかるけど欲張らないでね
と言わんばかりの口ぶりだったので
悩んだあげく……


オンリー白構成。
むしろ白にまぎれて消えてくれていいんだぜ。

これでもじゅうぶんわたしの中ではファンシー。笑

モチーフの上に毛羽をうすくかぶせるようにしいて、
その上にスポイトで水を少々。


で、なじませるように押して、


アイロンでじゅ。

スタッフのねえさんがわたしのしおりをじゅ、としながら
「あらこれ模様がかくれちゃったのね、上に毛羽のせすぎたのかしら」
とあわれんでいました。

ちがうんだよ。

なにはともあれできあがり。


肝心のしおりがピンぼけしてるよ。

母さまの、ファンシーだけどなかなかいいね!

ていうか超簡単、これ。
うちにも毛羽とっといてあるから家でもつくろうっと。

買おうと思ってた化粧水はやめて、繭の成分使用の洗顔石けんを買って帰りました。
これ、すんごいつるつるになるから
うちに遊びにきたひとは、洗顔してって!笑



話はかわって、おともだち紹介します。


スグリゾウムシのゾウ丸。

春といってもまだまだ虫が少ないので陶芸教室でであったこのこを
ゾウ丸と名付けて愛でています。


いたって普通にいるゾウムシだけど
虫がいない時期に見つけると、かわいさ倍増。

イチゴの葉っぱをもりもり食べてます。

もうちょっと、もうちょっと、あったかくなって!





「小野路でちょこっと虫散策」

 
先日、小野路へ今年はじめの虫散策に行ってきました。
あの、気温20℃越えという日をねらって。

メンバーは 鈴木海花 さん(当日の様子がブログに!)ご夫婦と
版画家の 竹上 妙 さん。

小野路は竹上さんのよく行く場所でもあり、
作品のうまれる場所でもあるそう。


つくしみっけ!

キチョウもとんでる!
でも、撮れない!
ということで今回は絵のみの日記にしようかな。



土手の壁っていうのかな?
石が組まれてるところに水を流すための細いパイプがあるんだけど
カナヘビがひょこひょこ顔を出してた。
「やあ!」ってあいさつしてくれてるみたいでかわいい。

カナヘビはちっさくてかわいいんだけど……



なんと次は大きなやつにあった!

アオダイショウかな?
みんなひるむことなくパシャパシャ写真撮っててヘビもあきれただろう。



木の実がなってる木には……



カメムシいたー!

種類はよくわからないけど……
と思ったら海花さんがちゃんと調べてくれてました。
アカモンツノカメムシだそう。



田んぼの近くの池? 沼? にはヒキガエルのたまご。
ぷるんぷるんをさわってほっこり。

小さいころばあちゃんちの近くの田んぼでたまごをバケツいっぱいとってきたなぁ。



外で食べるおひるは最高!

山をいっぱい歩いて鼻がムズムズしてるけど、気にしないよ!



オオカマキリのたまごストリート!
ほんとにあそこにも、そこにも、ってかんじ。
赤ちゃんカマキリでてくるのは5月か6月くらいかなぁ。
いっせいにでてくるところ、見たい!


20℃越えたからってすぐに虫がでてくるわけじゃないから
そんなにたくさんは見つけられなかったけど
すんごい楽しかった!

やっぱり人と観察するのはいいねー。


ツチイナゴくん、ひとりぼっちで、あれ? 春でいいのかな?
って言ってるみたいだった。


うん、春だよーーーーーーーーー!




毎日すごくおいしい「70℃蒸し」

 
春一番ふきましたね。

アパートの庭にはスリッパ1つとパンの袋ゴミがとんできました。キー!


さて
2013年さいしょのお仕事が本になって届きました。


幻冬舍ルネッサンス

著者は
しなびた野菜をよみがえらせる「50℃洗い」
を考案した平山 一政先生。
今回は「洗い」ではなく、「蒸し」。

わたしは本文中のカットイラストを描かせていただきました。



70℃で蒸すことにより
野菜の栄養価もあがるし、保存もきくし、
毎回の調理時間が断然減るし、調味料が減らせるし、
そんでもっておいしい!

と、編集のEさんに熱弁いただいたので(笑)
せっかくなのでわたしも70℃蒸し、やってみました。

キッチン用の温度計以外は
たぶん、だいたいの家庭にあるんじゃないかと思う。

今回は根菜をば蒸してやろうではないか。


こまかいやりかたは本にのってるのではしょりますが……
だいたいこんなかんじです。


鍋にぴったり合うボウルがなくって土鍋のふたを拝借。
たぶんもっと深くて透明なボウルがいいはず。

時間がたつにつれて台所が野菜のいいかおりでいっぱいに!!!


ふたをとるとこんなかんじ。
にんじんが汗をかいとります。
鍋のはんぶんくらいに水をはっているのだけど、
そこに野菜のアクとかが落ちていくようで、にごっていく。

ちょっとそのまま食べてみたけど、甘い!

70℃で蒸すこと15分。

蒸し上がった野菜たちで本日つくったのは……


根菜といえばきんぴらでしょう。
蒸し時間を抜けば賞味5〜6分で調理完了。

なんていうか、野菜が野菜の味する!
野菜自身のかおりで薫製をしているようなかんじ。

おいしいおいしい、これ、いいね!

興味のあるかたはぜひ一度おためしを。





突然だけど、今年絶対見たい虫は……


このこです。
エサキモンキツノカメムシ君。

別に珍しいってわけじゃないんだけど
なにげに見たことなかったので
まずさいしょはこのこを見たい!

です!
決意表明。



わたしの知らない世界。

 
イラストのお仕事をさせてもらっていると
ときどきじぶんとはかけはなれた世界のものにたずさわることが。


実務教育出版さんの

こ、こんなわたしでいんですか?
というような世界の本ですが、お仕事させてもらいました。


特集ページのカットイラストと題字を。


公務員試験での面接のノウハウなど。

上田センセイの文章は親しみやすいので
わたしでもちゃんと理解できる! 笑



もうひとつ。
こちらも実務教育出版さんの

法律のことが詳しくそしてわかりやすく書いてあります。


本文中のイラスト、まるっと描かせてもらってます。


だんごむし様〜!

だんごむしが好きだからってわけではないです。

イラストの上をみてください。
文の中にちゃんと!
ここは「信教の自由」という項目。

偶然にもだんごむし描けて幸せ。
ちょっと遠慮してかわいめに……と思ったら
あんまりだんごむしっぽくない……

どちらも専門書なのですが
お知り合いに受験するかたなどいましたらぜひ! なんて。笑




アパートの庭にかわいい来客が。


みかん色のずんぐりした鳥ちゃん。

図鑑で調べたらジョウビタキという鳥でした。オス。

鳥=春
のイメージで春ももうすぐなのかな、なんて思ってたら
完全に冬鳥でした。
冬の風物詩を愛でながら春を想っていました。




金太郎陶芸も、もりもりやってます。

こちらはハナムグリ。
焼く前だから色が全然わかんないけど。
マグカップに成形して、焼き上がりをまってる。
ちゃんときれいなみどり色でるかな〜。


春になったら行きたい公園や森がたくさんあるからいそがしくなるよー。

虫がおやすみしてるあいだにせっせとつくるぞ!



「虫カフェと虫巻き」

 

おしゃれなカフェでおいしい珈琲とデザート。
優雅だなぁ……

ですが!
ただのカフェじゃない。

きのう、2月3日は……


虫カフェです!
おしゃれなカフェを虫好きがのっとりました!笑

原宿のカフェ SEE MORE GLASS (シーモアグラス)さん にて
鈴木海花 さん 主催の「虫カフェ」がオープンです。
オープンといっても3時間だけお店を貸し切りにして、だけど。

カフェなので、おいしい飲み物(ワインやチャイもOK!)
とおいしいお菓子(チーズセットでもOK!)をいただきながら
だいすきな虫について語らう会。
なんてすてきなひとときなんだー。

基本自由だけど
はじめに時事通信社の 昆虫記者 天野和利 さん と海花さんの対談、
いわゆる「徹子の部屋」ならぬ「海花の部屋」仕様で
天野さんをインタビューしていく海花さん。
今は寒くて虫があまりいないけど、そんな中でも見つけられる
チャバネフユエダシャクのお話や
先日行かれた台湾での虫のおすすめスポット、など、など。
東京うまれの東京そだちの虫マニアってのがまたすてき。


さっそく切り紙作家の 鍋嶋通弘 さん はチャバネフユエダシャクをその場で!
(完成品撮りそこねた!笑)



こちらは海花さんがつれてきてくれたアサギマダラの蛹。


ちょっときれいに撮れなかったけど
きれいなグリーンに、金箔みたいなのついてて、まさに工芸品!

気づけば撮影会状態。
蛹を持つアシスタント、携帯のライトをあてる照明さん、
カメラマン、みなさん、初対面なのに息が合ってる。



そして
ひさしぶりに虫好き少女、まゆこちゃんにも再会!

写真はまゆこちゃんとまゆこちゃんのお母さんの合作の人形。


これまたハイレベル!!!
コノハムシは前に見せてもらったけどジンメンカメムシははじめて。
二代目はすごくレベルアップしてるし!

あ、ジンメンカメムシ知らない人、
さかさからみると、人の顔みたいだからですよ。
こういう人、いるよね。笑


今回の物販コーナー。
切り紙作家の鍋嶋さん(奥)、イラストレーター みのじ さん(手前)。
写真ブレブレ! すみません!


版画家 竹上 妙 さん(左) と わたし(右)
竹上さんの、あいかわらず最高!


今回わたしはピンクッションを持参。
意外と自分好みのピンクッションないな〜、と前から思ってたから
自分のイラストの生地でつくってみました。



参加者さんがもってきてくれたオリジナル虫すごろくで遊んだり……
(脱皮したりする!寄生されたり!笑)


こちらも参加者さんがもってきてくれたオリジナルの虫ゲームであそんだり……
(虫好き美大生作!味のあるイラストでほっこり〜)


虫、虫、虫、な3時間でした。
あっというま!!!

次回は4月に開催予定ということなので
興味のあるかたは4月に〜!
わたしもまた参加したい〜!


つれて帰ってきた鍋嶋さんのコノハムシ君。


竹上さんのバッグ。(竹上さんのバッグは2個目ゲット〜。)
竹上さん、なんと当日お誕生日! 節分うまれが似合う元気女子!

そう、節分ですよ。
ここ数年、節分には恵方巻きつくってるので(昨年の様子
虫カフェがあれどもこれだけははずせない! と、朝からせっせと恵方巻きづくり。

今年の恵方巻きは……


タマムシ風に仕上げてみました。
あ、触角忘れてる!
タマムシというよりハンミョウに近いな。目、でかいし。

切っちゃったら恵方巻きじゃないじゃん!
ということで切る前のも。


はんぱない重さです。
なんせ1本で3合の米使ってるからね!

今年は南南東だったようだけど、
とくにその方向を向くこともなく、しゃべりながら食べたけど、
神様、今年もよろしくお願いしますね。





「かいこの王国」


「かいこの王国」

このネーミングセンスよ!



そんな壮大な名前の箱が群馬のともだちから届きました。

もうこれだけでテンションあがる!

富岡製糸場が世界遺産に推薦されたということで、
これからもさまざまなおかいこグッズがふえることでしょう。
わたしにはうれしい限り。
ちょっと前には母からおかいこ化粧水が届いたし。笑


この王国、あけるのもったいなくてしばらくそのままにしていたのだけど、
最近開封することにしました。


わあ!
す、すけてる! すけてるよ!!!
これ系ね!


でーーーん!

手のひらサイズのかわいいおかいこさん、ウィズ桑の葉!

王国っぽく紅茶かな、と思ったけど
チョコレートだし、おいしい珈琲いれて虫王国のティータイム。ティーじゃないけど。


お皿もマグもオリジナルの虫モノで。
(なんかおかいこさんが皿の虫に狙われてる!)

お味は……
葉っぱの部分は草っぽい味するな、と思ったら桑の葉パウダー使用されてる!
おかいこさん部分はクランベリーのつぶつぶが入ってて乙女な味わい。

ところで
王国感は、一体どのあたりで表現されているんだ!?
と、疑問をもたずにはいられなかったけど、
おいしかった!
ありがとうきんちゃん!


虫のティータイム……虫のカフェ……虫カフェ……

虫カフェ!

来る2月3日、日曜日
原宿のカフェ SEE MORE GLASS (シーモアグラス)さんにて

鈴木海花さん主催の
虫カフェを開催することになりました。

特に大きなイベントというよりは、
虫のことをお話したり、情報交換したり、ちょっとしたサークル?
みたいなかんじかな?

虫好きさんじゃないと、ちょっとマニアックかもしれないけれど(笑)

わたしは虫グッズをちょこっと販売予定。

シーモアグラスさんは絵本がたーくさんあってとても雰囲気のあるカフェ。
珈琲もスイーツもとってもおいしい。

一応予約制なので、興味のあるかたは 鈴木海花さんのブログ を。



「ひとりの森」


おしゃんこのメンバー きゃねこ の誕生日サプライズ。
さわちゃん、なっちゃん、わたしで人形劇をプレゼント。

思いついてから3日で
お話考えて、人形つくって、セットつくって……。
人間、やればできるもんだ。気合いと想いだね。

当日は緊張してかんだり(観客はひとりなのに!笑)、
カメラが倒れたり、小道具忘れたり……
ホームビデオ感満載だけど
思ったよりとても愛着のわくものになったので
よかったら、ぜひ。





左と右はさわちゃん作の「愛ちゃん」「ムチムチサンタ」、
真ん中はわたし作「かま次郎」。

いまは3人だけど、早くもんなそろってやりたい!

2013年はひさびさにおしゃんこで展示します!
5月3日〜15日まで、新代田のcommune(コミューン)にて。
5×3=15でおぼえよう!


では、よいお年を!






calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 「カメムシを愛する小学校」
    うさみ
  • 「カメムシを愛する小学校」
    ohkubo kiyosige
  • ぐんま昆虫の森
    うさみ
  • ぐんま昆虫の森
    あぴ
  • 「ジュンク堂書店さんで販売はじまりました!」
    mushi
  • 「ジュンク堂書店さんで販売はじまりました!」
    うさみ
  • 「ジュンク堂書店さんで販売はじまりました!」
    mushi
  • 2013年ありがとうございました!2014年こんにちは!
    うさみ
  • 2013年ありがとうございました!2014年こんにちは!
    micromyu
  • 「ほんやさんになりたい」
    うさみ

links

profile

書いた記事数:105 最後に更新した日:2016/10/07

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM