「道草」はじまりました。


「道草」
宇佐美朋子の絵と器展


はじまりました。



この看板がめじるしです。


前回のグループ展のときにも展示したものも数点ありますが
基本的には絵も器も新作がメインです。



土下座ネコが三つ指ついておまちしてますよ!


展示場所の アートスナック 番狂せ は呑み屋さんなので
基本的には平日の夜のみの営業ですが
GW期間中の5月3、4、5、6日は12時から14時くらいまでお昼の営業もされるそうです。
新代田のPPカレーをご存知のかたもおられますかね……?
そのPPカレーなのです!
わたしも食べたことがあります!おいしいです!
夜はなかなか都合のつかないかたはお昼もおすすめです。

番狂せさんではイベントがあるときは料金設定がすこしかわります。
行ってからびっくりすることのないように笑
ご検討中のかたはぜひ番狂せのホームページをチェックしてみてください。
またはわたしにお声がけください。

5月9日(金)は「道草パーティー」と題してオープニングパーティーをします。
20時から22時まで おひとり2000円で1ドリンクとフリーフード付きです。

ぜひ作品とお酒を楽しみにいらしてくださいませ。

では
どうぞよろしくお願いいたします。



「道草」
宇佐美朋子の絵と器展

5月1日(木)〜5月30(金)
19:00〜25:00
土・日・祝日はお休み
(チャージ500円、ドリンク500円〜)

アートスナック番狂せ
160-0007
東京都新宿区荒木町3番
ソシアルアラキビル1F



 

「道草」




「道草」
宇佐美朋子の絵と器展

と題して展示をします!

場所はなんと呑み屋さん。初のこころみ。

アートスナック 番狂せ
新宿荒木町にあるスナックです。
ここでは毎月写真やイラストなどの展示をしています。
店主の公家さんにお声がけいただき今回展示が実現しました!

何度かお店に遊びに行かせてもらってますが
なかなかお客さんも個性的でとっても楽しいお店です。

呑み屋さんでの展示なので
おそれいりますがご注文いただく必要があります。
お酒好きのみなさん、ぜひ遊びにいらしてください!
日程が合えばわたしもかけつけますのでお声がけください。
展示期間が1ヶ月なのでお時間みつけてぜひとも!

また、5月9日(金)の20時から22時は
「道草パーティー」します!
おひとり2000円で1ドリンクとフリーフードが込みです。
ひとりでは行きづらいな……というかたもこの日はわたしは確実におりますので
ぜひとも遊びにいらしてください。

あ、土・日・祝日はお休みなのでGW中はお気をつけください。

どうぞよろしくお願いいたします!





「道草」
宇佐美朋子の絵と器展

5月1日(木)〜5月30(金)
19:00〜25:00
土・日・祝日はお休み
(チャージ500円、ドリンク500円〜)

アートスナック番狂せ
160-0007
東京都新宿区荒木町3番
ソシアルアラキビル1F





 

「クサムラヤ」

4月19日の土曜日、イベントに参加します。




小野路やまいち

町田市の小野路町というところのほんとうに山の中で
てづくりの雑貨屋さんやたべもの屋さんなどが出店します。
ライブもあるそうです!



わたしは「クサムラヤ」というユニット名で参加します。
とてもいい響きじゃないですか?笑
かなり気に入っています。


==クサムラヤ==
【陶 芸 、 虫 雑 貨 、 木 版 画 、 型 染 め など】  
宇佐美朋子(イラストレーター、練込み陶芸家)と
竹上妙(木版画家)と
竹上佳乃(テキスタイル作家)
のそれぞれ全く違うものをつくる3人の集まり。
共通するのは虫を筆頭に、生きもの、植物に興味を持ち、
それらの影響を受けながら、ものづくりをしています。
小野路やまいちでは、虫をモチーフにした練込みの陶芸作品や雑貨、
木版画の手刷りバッグやブックカバー、シルクスクリーン・型染めの布や雑貨を販売します。
草むらにいる様な楽しいお店をめざします。 



今回お店で販売するものを少し紹介します。

竹上妙さんは版画家の力をフルに使い
虫やいきもののブックカバーやバッグなどなど!
彼女の作品はちゃんとリアルでちゃんとかわいいところがすきです!




竹上佳乃さんはシルクスクリーンを使ってTシャツやバッグなどを。
彼女の作品はすごく細かいものの集合というかんじがして
個人的にかなり好みです!
実物を見るのはわたしもほとんどはじめてなので楽しみです。




わたしは金太郎陶器(練込)を中心に虫グッズをいろいろもっていきます。
これはカマキリの器ですが今回は鳥やネコやロバなどもあります。



ほんとうに楽しみ!
でも……週末のお天気があやしい……。
土曜日にもしも雨が降った場合は日曜日に延期となります。
当日の朝、やまいちのHPで発表します。
実はわたしたち「クサムラヤ」は日曜日は事情があって出られません。
ですので!
土曜日!
晴れて!!!!!!!
そしてみなさんぜひあそびにいらしてください。
とってもいいところです。

詳細は小野路やまいちのHPをごらんください。


 

「カメムシを愛する小学校」

カメムシクッキー!



赤 アカスジカメムシ
黄色 ジンメンカメムシ
緑 チャバネアオカメムシ

2月にフォトエッセイストの鈴木海花さんにお願いされてつくったものです。
岩手県は葛巻町というところへ連れて行ってもらいました。

葛巻町はカメムシにとても縁のある町。
カメムシがたくさんいるそうです。学校や、旅館などなど。笑
わたしはわーい!となりますが一般には嫌われ者のカメムシ。
だけどそれを逆手にとってこどもたちと楽しんでしまおう!というのが葛巻町の江刈小学校。

岩手日報の記事
『カメムシ37種を図鑑に 葛巻・江刈小「学校の宝」』

この記事にも書かれているカメムシシンポジウムにこのクッキーも連れて行っていただきました。

この日の詳しい記事は鈴木海花さんの「虫目で歩けば」をどうぞ。
カメムシを大人も子どもも楽しんでいるのが最高にすばらしいです!葛巻町、わたしも行きたい!

 

「ジュンク堂書店さんで販売はじまりました!」


このたび ジュンク堂書店 池袋本店 にてグッズ販売がはじまりました。

昆虫関係の本って、
大きめな本屋さんでも正直あんまり品揃えは期待できない。
でも、ジュンク堂さんにはほんとにたくさんの本がそろってます!

日頃からお世話になってる大好きな本屋さん。
そんな本屋さんで販売ができるなんて……感無量。

先日設営に行って参りました。



こんなかんじで壁面にわらわらと展示販売してます。
場所は7階の理工書フロアの昆虫棚の近く。

生物 古生物進化論と生態学 環境思想 の棚。
なんてしびれる響き!笑
この、本にかこまれたロケーションがたまりません。



商品はポストカード、ぽち袋、メッセージカード、ピンクッション、クッション。
練込陶器(金太郎陶器)のカマキリブローチも。

実は、はじめはエスカレーターをおりてすぐの窓際に設営させてもらったのですが
ちょっとお客さまの手のとどきにくい場所だということが判明し
担当スタッフさんのご配慮により移設させてもらいました。

まぼろしの窓際時の写真がこれ。



お知らせしてすぐに行ってくださった方もいらして
もし商品を見るのに苦戦したという方がいましたらすみませんでした。


ジュンク堂さんの中にはカフェも併設されていて
先日そちらで行われた天野和利さんと鈴木海花さんのトークセッション
(天野和利さんの『昆虫記者のなるほど探訪』書籍発売記念)
にて、版画家の竹上妙さんと一緒に展示で参加しました。
くわしくは 鈴木海花さんのこちらのブログ を。

では、池袋にお越しの際は
ジュンク堂 7階 理工書フロア をぜひぜひのぞいてみてください!






 

ぐんま昆虫の森



ぐんま昆虫の森


群馬に住んでるときは行ったことなかったのだけど
数年前にはじめて訪れ、
その後ご縁あってわたしの虫グッズの販売をさせていただいてる昆虫園。

今回はミュージアムショップのレジ袋用イラストを描かせていただきました。



担当の方にサンプルとして数枚送ってもらいました。

感激〜。

今はまだ以前作ったものがあるのでそちらから使ってるそうですが
言ったらこちらの袋をくれるそうです。



一番上からオニヤンマ、ノコギリクワガタ、オオゴマダラ、ナナホシテントウ、オオムラサキ。
蜘蛛の巣あみだをたどると幼虫と成虫が正解でつながります。

楽しいお仕事させてもらってほんとにうれしい!

数年前からぐんま昆虫の森のフィールドでルリボシカミキリが見れるって聞いてから
見に行きたいと思ってるけどその時期にいまだ行けず……。
今年こそルリボシカミキリを見に行きたいな!


 

2013年ありがとうございました!2014年こんにちは!


みなさま新年あけましておめでとうございます!
2014年になる前に書きあげようと思ってたけど無理だった。


「⑤展 いろ と かたち」
無事に終了しました!
お越し下さったかたをはじめ、画廊のスタッフさん、かかわってくださったみなみなさま
ほんとうにありがとうございました!!!



自由が丘のもみの木画廊は THE・画廊 というかんじでとても趣があり
建物のつくり自体もなかなかおもしろくてすき。



こんなかんじの展示になりました!

陶芸教室のお仲間との展示なので陶器が多い。
お子さまのお客さまには気をつかわせてしまってほんとにごめんなさい。
お子さまというより、ママね。笑
お子さまにも見てもらいたいし楽しんでもらいたいから
展示に関してちょっといろいろ課題もできました。

日曜日にはパーティーもひらきました。
メンバーの持ち寄りのてづくりごはんにておもてなし。









わたしは金太郎クッキーで ⑤クッキー と 今年見た念願のエサキモンキツノカメムシを。
たくさんのかたがあそびにきてくれてとてもにぎやかな会になりました。
ありがとうございました。


ひとりずつ作品紹介。

入り口入ってすぐに展示していたのは
中村紗斗美さん。





色とりどりの革のバックは男女問わずとても魅力的だったようで、
みなさん入り口からじっくり見てくださいました。
わたしもほしいな……赤のバック。


おとなりは
田中正子さん。





今回の作品はこの時期うれしい耐熱陶器がほとんど。
この中の黄土色がかなりぐっときました!


奥の壁面にはもみの木画廊のスタッフでもある
所由香さん。





世界観がすばらしくてうっとりします。
ライトだったり、モビールだったり、
陶器のパーツをいろんなものに変化させていて飽きないです。


その正面では
中村桜士さん。





展示にきてくださったかたは目をうばわれたのではないかと思います。
とってもすてきな青。このかたちもレトロでかわいかったです。


そのとなりにわたしは展示させていただきました。







新作の陶器はハラビロカマキリ。
もちろんいつもの金太郎飴のつくりかたで。
虫好きじゃないかたに買ってもらえたりしたのがうれしかったです。

絵は2013年に出会った思い入れのある虫との思い出を描きました。
2013年はなんといっても与那国島でヨナグニサンという蛾を見たこと。



今回の展示では、2013年にふれあった虫との作品、という自分なりのテーマをつくりました。
やってみて思ったけど、これは毎回のテーマにするべきだったなぁ、と思う。
絵でも陶器でもなんでも、思い出、思い入れがあると、
作品にやどるパワーってかわるもんだな、と。

2014年も虫はもちろん、虫以外のいきものやひとやたべものや
たくさんのものにであって、ふれて、かんじて
それをかたちにしていこうと思います!

どうぞよろしくお願いいたします!!!!!!


 

「マルゴ展」





展示のおしらせです。

展示タイトルはこれ。マルゴ展。
陶芸教室で知り合ったかた(先生含む)5人でやります。
テラ小屋 という一軒家を改造したかわいい教室です。



さて、展示ですが……
なんと、今日、12月13日からです!!!
お知らせの日記をかくのが初日になってしまうなんて!

 



作家をちらりと紹介します。


田中正子さん

白と黒を基調にしたシンプルだけどおしゃれな器。
今回は耐熱粘土を使った作品がメインなので土鍋やら
一見お皿に見えるけど直火使える!
という作品いっぱいです。



所由香さん

所さんの作品はどれも幻想的で見惚れてしまう。
芸がこまかい〜。
意外にも? 実用的なものも多いので
かざるだけじゃなく使える作品もたくさんです。



中村桜士さん

もんのすごくきれいな青です。
わたしはこんなきれいな青見たことないな。
とためいきをつくほど。
これはぜひ生でみてほしいです。



中村紗斗美さん

わたしはすでに中村さんの皮製品を愛用してます。
財布とカードケース。
今回はわたしがほしかったがま口も。
使うほどにいい味でるのが皮っていいですよね。



さいごにわたし

わたしは新作の絵を4点と
陶器は新作、旧作まぜまぜしての展示販売します。
今年、見て、触れて、かんじた虫たちを作品にしました。



今回の展示はどんどん販売していくので
気になる作家さんの作品があったらお早めにお越しくださるのがいいと思います。

わたしは基本的に午後からは毎日在廊する予定です。
15日16時からはささやかなパーティーもします。
そちらもぜひお越しくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします!!!



12月13日(金)〜12月22日(日)
11:00〜19:00

もみの木画廊
東京都世田谷区奥沢6-33-12 もみの木ビル201
TEL 03-3705-6511



「ほんやさんになりたい」



幼稚園の卒園文集に
「ぼくの・わたしの しょうらいのゆめ」というページがあって

わたしは

「ほんやさんになりたい」

とあった。

本屋さんにはなってないけど(笑)、本づくりに携わるお仕事をしてるよ。
本のお仕事をさせてもらうと、このことを思い出す。
そして、やっぱり本がすきだな、と思う。



さて


かんき出版さんから、できたてホヤホヤ新刊です。

井戸理恵子 著

カバー、DTPデザインは以前からずっと一緒にお仕事したかった松好那名さん。
わたしはイラスト描かせてもらいました。

カバーの帯をはずすと


うん、こちらもすき。



中を少し。
こんなかんじで月ごとに季節の花、食べ物、
そしてその季節の意味やちょっとした暮らしのヒントなどが盛りだくさん。



虫も描かせてもらったのです!
ありがたや!!!
(別にごり押ししたわけではないです。偶然!笑)

暦の意味や名前など
今まで知らなかったりあやふやだったことがやさしい文章で書かれてます。
季節を大事にすることで日々の暮らしがすてきになりそうな一冊です。



ちょっと前ですが
幻冬舎ルネッサンスさんより

中 巌 著

もでてます。


すごいタイトル!笑
酒好きの編集さんが、酒好きのわたしにお仕事をふってくださいました。


アル中経験者でもある作者の愉快痛快なアル中のあれこれと
アル中患者の友人にささげるレシピ本でもあります。
わたしは文中にでてくる料理のイラストを描きました。

酒好きさん、必読、です。笑



さいごに
年賀状の季節ですね!


技術評論社さんより発売されている

「おしゃれ×かわいい年賀状 2014」

に参加しています。
年賀状の素材集です。
イラストレーターさん20名ほどが参加しているので
きっとお気に入りが見つかるはず。

ふろくのカレンダーにもイラスト使ってもらってます!

こちらはタイトルがおしゃれ!でかわいい! なので
虫要素は蝶くらいしか入れられず……
「うーん、いつもの虫のかんじですとー、ちょっとリアルすぎですね〜」
と担当さんにやんわり断られてしまった。笑
でも、担当さん、虫、きらいではないって言ってたなぁ。

もっと虫をこういう場違い?! な場所にも放出したいな!
がんばります!!!


以上、お仕事報告(宣伝)でした。
失礼いたしました!

寒いですがみなさま風邪などひきませんように!




「最果ての島 与那国島へ 〜アヤミハビルを求めて〜 後編」

今日は後編。

3日目
とにかく毎日お天気にはめぐまれていた与那国島での日々。



チバさんは海にもぐって貝殻や骨や珊瑚などのひろいもの。
わたしは浜辺で貝殻ひろい、そしてオカヤドカリとたわむれる。

この日はようやくアヤミハビル館へ。
Mさんが
「タイミングよければ羽化したてのアヤミハビル見れるかも」
と言っていたのでそれに望みをかけて朝一でアヤミハビル館へ。

入ってすぐに目にとまったのがこれ!
これって!!!!



アヤミハビルじゃない?! そうだよね?!
今日羽化したんだー!!!???
ラッキー!!!!!
(ていうか左の何?! 笑)



やじるしの先の白い部分が三角っぽいのがオス。
台形というかダイヤ型っぽいのがメス。

夢中で写真を撮ったわたしたち。


しかし……
しばらくしたあと重大なことに気づくのです。



ピン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ピンささってんじゃん!!!!!!!!!!!!!!!!!

……お亡くなりになってるアヤミハビルだった。

そうだよね、こんなふうに無防備に生きた虫を展示するはずがないよね。
冷静に考えればわかることなのにわたしたちったら……

かなり落ち込むふたり。


あまりにも衝撃が強かったので
わたしたちが浜でひろった貝殻写真でブレイクしましょう。


虫好きが来たという情報が入ったのか否か
帰り際におじさんがおもむろに奥の部屋から三角紙をとりだしてきて……



こちらはかろうじて生きているアヤミハビル。
アヤミハビル館で飼育された標本用のだそうです。



生きてはいる……でも……なんか……うれしくない……。
必死につかまる様がなんとも……はぅー。


またまた衝撃的だったので
アヤミハビルの繭でつくった小銭入れでブレイクしましょう。
(昔はおみやげ品として売られてたけど今はつくる人がいないらしい。これほしい!)


なんとも言えない複雑な気持ちをかかえたわたしたちは
改めて
「絶対天然のアヤミハビルを見つけてやる!!!」
と心に誓ったのだ。


しかしなんだかんだ言ってもこの日が与那国島さいごの夜。
今夜にかけよう!


この夜だけは雰囲気がちょっと違っていた。
自動販売機に虫がいたのだ!!!



夜は決まって浜で貝殻ひろいをしてたわたしたち。
今夜は浜から森へ行くのだ!!!

さいごの夜の作戦は

宿付近のなんた浜から島で2台しかないタクシー(その日は1台お休みだった。笑)で
島の真ん中あたりの森林の森へ。

タクシーの兄さんは
「アヤミハビル見にきたの? 虫が好きなの? 珍しいねぇ〜」
とあんまり興味なさそう。笑

森の入口でわたちたちはおろしてもらって
「じゃあ、あとで電話してね〜。迎えにいくから」
とタクシーの兄さん。知り合いみたいな話しぶりで安心する。

森は1本道。街灯ひとつない。まさに真っ暗。

わたしたちは右と左にわかれてくまなく散策。
チバさんは小虫よけに口元にてぬぐい巻いててちょっとあやしい。
わたしは探検家のようなヘッドライトを真面目につけてる。
ふたりとも若干おもしろい姿。



大げさじゃなくてほんとに真っ暗だった!




メジロ!おこしてごめん!




これはヤシガニ級の大きさのムラサキオカヤドカリ。




シナコイチャコガネ。食べ後が独特。
チバさんはおかしの箱あけた跡みたいって言ってた。

かれこれ2時間近く探してもうタクシーもそろそろおわりの時間。

するとチバさんが……







「イマシタヨ……」



わたしにはすごく冷静な声に聞こえたのだけど……
いたって言ったよね? 言ったよね?

まさかと思ってチバさんの視線の先を見ると……




いる。

いるよ!!!!!!!!!!!!!!!!

このときもう感極まって泣いてたわたし。

やっとやっとやっと見れた天然のアヤミハビル!!!





しかも、なんて美しい!!!
なんてでかい!!!!!!!
アヤミハビル館で見たこたちより断然でかかった!

これはアヤミハビルのオス。


このこはとってもおとなしくて逃げる気配もなく
わたしたちはゆっくりじっくり撮影できました。

1時間ほど撮影したのかな?
とうとうしびれをきらしたアヤミハビルがバサバサととびました。
飛んだ先は……



チバさんの白い服へ!!! わ〜!感動的!!!
みなさん自分の肩のサイズを考えてみてください。
でかい!!!

そしてさらにバタバタと飛んだ先は……



わたしの服!
おなかあたりにとまったので
わたし目線でこんなかわいい顔を見せてくれた。
悶絶!!!

なんだか飛び方はすごく下手で側溝にはまってしまったり。
無事にもといた木に戻すことができて
ようやくわたしたちもひといきついたのでした。


さ、帰ろう!
タクシー終わっちゃう!
と思って携帯を見たらタクシーの兄さんから何度も着信が!笑
「遅いから心配したよ〜」と。

わたしたちの興奮ぶりにお兄さんもとってもよろこんでくれた!
次の日の朝民宿のみなさんにも報告。
みんなで大きな拍手で祝ってくれた!!!




どうなることかと思ったけど
無事に天然のアヤミハビルを見ることができて
ほんとうにほんとうによかった!!!

いろいろ教えてくださったMさん、
応援してくれたみなみなさま、ほんとうにありがとうございました!
いっしょに旅してくれたチバさん、ありがとう!


バンザーイ!!!




 


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 「カメムシを愛する小学校」
    うさみ
  • 「カメムシを愛する小学校」
    ohkubo kiyosige
  • ぐんま昆虫の森
    うさみ
  • ぐんま昆虫の森
    あぴ
  • 「ジュンク堂書店さんで販売はじまりました!」
    mushi
  • 「ジュンク堂書店さんで販売はじまりました!」
    うさみ
  • 「ジュンク堂書店さんで販売はじまりました!」
    mushi
  • 2013年ありがとうございました!2014年こんにちは!
    うさみ
  • 2013年ありがとうございました!2014年こんにちは!
    micromyu
  • 「ほんやさんになりたい」
    うさみ

links

profile

書いた記事数:105 最後に更新した日:2016/10/07

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM