おかいこさんの羽化。

 
おかいこさんが繭をつくってからもう10日以上。


……シーン。


……シーン。


だんまりきめこんでる!

もう羽化してもいい頃は過ぎているのに!
あんまり音沙汰がないもんで、中で息絶えてるんじゃないか?!
と過剰に心配になるわたし。

そこで、繭の端っこを切って蛹を取り出すことに。
自力で蛹から出られないこはそうするらしい。
ただ、このこが繭から出られないのか
もしくはまだ出てくる気がないのか、不明なんだけど。

でも、いてもたってもいられないのでやってみた。
ふぁー! 蛹を傷つけちゃわないか、どっきどき!
カッターでそろり、そろり。


切れたー! 蛹でたー!

しかもちょっとさわると ピクッピク! 
生きておられましたか!!!
おかいこさま!!!



その数日後の朝
おかいこさんの家をのぞくと……


おおおおおおおおお!!!

真っ白のカイコガ様が!

真っ黒なおめめに見つめられ、しばし放心。


なんか昔の記憶よりカイコガ様、ちいさく感じた。
ひとさしゆびに ちょん とのってます。

あぁ、とにかくかわいい。


ここでオスとメスのカラダの違いを。


一目見てすぐわかるくらい、カラダのボリュームが違う。

オスはカラダがほっそりしてるけど
メスは羽化したときからたまごをお腹に含んでいるのでぽっちゃりさん。
お尻の器官からフェロモンを出してオスをさそう。



あ、たまご産んでる!


お尻ふりふりしながら産んでる。

でも、これは交尾してないメスのたまごなので非受精卵というらしい。
にわとりの無精卵と一緒ってことかな。

ちなみにメスは200個とか300個のたまごを産む。
でも、わたしは今後個人で何百ものおかいこさんを飼育していくことは
とても不可能なので、今回は交尾はさせない方向……。
おかいこさんは二代三代と交配すると
奇形などもでてくるという話も聞いたなぁ。
というか、たまごをかえすのも、けっこう成功率が低いとかなんとか?
どうなんだろう。
個人で飼育してる人にいろいろ話を聞きたいな。



さて、ぞくぞくと羽化してるおかいこさんたち。

繭から蛹を取り出さなかったこも……。



わー!

すばらしい!
ちゃんと自分で出られたんだねぇ!
口から酵素を出して繭を溶かすのだとか。
蛹パジャマはきれいに繭の中に脱いできたんだね。

にしてもきれいだな!
壺みたい!!!

おかいこさんの時期はそんなに移動できなかったけど
カイコガさんになってからはわりと動きまわる。
もちろん、飛べないからそこまで移動しないけど。
たまにおかいこさんの家を出て廊下にいたりするからびっくり。
踏んじゃうってば!!!


今朝は脱いだ繭をころがしてるみたいだった。
玉ころがし ならぬ 繭ころがし。
パチリ。


なんかドヤ顔……。笑




はじめに羽化したこは少し早めの7日ほどでしんでしまった。
短い命だからあとは命がおわっていくばかりだけれどさいごまで見守ろう。

たくさん勉強させてもらいました。
おかいこさん、ありがとう。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 「カメムシを愛する小学校」
    うさみ
  • 「カメムシを愛する小学校」
    ohkubo kiyosige
  • ぐんま昆虫の森
    うさみ
  • ぐんま昆虫の森
    あぴ
  • 「ジュンク堂書店さんで販売はじまりました!」
    mushi
  • 「ジュンク堂書店さんで販売はじまりました!」
    うさみ
  • 「ジュンク堂書店さんで販売はじまりました!」
    mushi
  • 2013年ありがとうございました!2014年こんにちは!
    うさみ
  • 2013年ありがとうございました!2014年こんにちは!
    micromyu
  • 「ほんやさんになりたい」
    うさみ

links

profile

書いた記事数:105 最後に更新した日:2016/10/07

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM